最上川フォーラム サイトトップページに戻る
 
旧サイト
 
 
美味しいやまがた情報 >> 記事詳細

2016/12/14

古墳時代にタイムスリップ!?~天童市西沼田遺跡公園~

Tweet ThisSend to Facebook | by フォーラム事務局
今回の美味しいやまがた情報は、目にも体にも、全身で味わえる遺跡公園の紹介です。

ご存知ですか?今から1,500年前の私たちの暮らし。
天童市西沼田遺跡公園は、発掘調査により、6世紀を中心とする古墳時代後期の農村集落遺跡であることが確認され、昭和62年に国史跡として指定を受けました。





広々とした公園の中には、当時の集落を再現した建物が建っており、ムラの様子、人々の暮らしを垣間見ることができます。


         高床式の食料を保存するための倉庫。

「沼田」という地名からわかるように、このあたり一帯は湿気の多い土地で、竪穴式住居のように地面に穴を掘って建物を建てても、住むことができなかったそうです。
こちらの施設では古の人々の知恵の結晶とも言える「平地式住居」「高床式倉庫」を見ることができます。
おにぎりやおやつを持って古墳時代に戻った(?)気分でお弁当を食べるのもおススメ絵文字:晴れですし、広い空と流れる雲絵文字:晴れ後くもりを見上げながら、日ごろの忙しさから離れてのんびりとお昼寝にも最適絵文字:良くできました OKです。
復元住居の中でもち焼き(午後のみ、所要時間15分、料金100円~)や火起こしに挑戦(4~10月の晴天時のみ、所要時間15分、料金100円)などの体験もできます。

アウトドアでワイルドに過ごすのも良いですが、中の施設も「驚き、発見」の連続です。
当時の建築部材や農具などがたくさん展示されていて、ムラの仕組みや成り立ち、様々な道具の使用方法など詳しく説明を見ることができます。




 3~5mもの長さを杭をどうやって地面に打ち込んだのでしょう。謎です。


ムラの祭祀に使ったというミニチュア土器。とても美しくかわいい道具です。



また、施設内では様々なワークショップ、イベントも企画されていて、1年を通して楽しめる内容となっています。
昔の機織りを糸づくりから再現しようという「カラムシプロジェクト」や毎年開催されている「ヌマリンピック」(‼)などの面白い試みもありますよ絵文字:良くできました OK

施設に伺ったある日、外の復元住居では、屋根の茅の葺き替えを行ったばかりでした。
お話を伺ったところ、北上川から茅を取り寄せ、県内の職人さんが屋根に上って葺き替えを行っているそうです。
茅の屋根の葺き替えは、一つずつすべて手作業で、今は職人さんの数も減り、大変貴重なものとなっています(県内では、現在若い職人さんも頑張っています)。



公園に遊びに行かれた際には、屋根にも注目してみてくださいね絵文字:重要

文章だけでは語りつくせない五感で味わえる美味しいやまがたのおススメです。
天童市と言えば、美味しいフルーツに将棋の駒、桜の名所、温泉など1年を通して楽しめる魅力あふれる場所です。
私たちの今を作ってくれた祖先の秘密も、見つけに行きませんか?



天童市西沼田遺跡公園の詳細はこちらからご覧いただけます↓
http://www.nishinumata.or.jp/annai.html

開館時間、イベント日程などは、ホームページなどでご確認の上お出かけください。
11:07 | 村山