最上川フォーラム サイトトップページに戻る
 

水質検査項目



○ 水素イオン濃度(pH)

酸性、アルカリ性を表す尺度で、ピーエイチ(又はペーハー)と読みます。

pH7が中性で、数値が小さくなるほど酸性が強く、数値が大きくなるほどアルカリ性が強いことを示します。

川のpHは、通常6~8程度です。また、一般にpH5.6以下の雨を酸性雨といいます。

○ 化学的酸素要求量(COD)

水中の有機物を薬品で分解したときに消費(要求)される酸素の量です。

この数値が大きいほど水中に有機物が多く、汚れていることを表します。

きれいな川は、0~2mg/l(リットル)くらいです。
※mg/l(リットル):濃度の単位。水1l(リットル)中に含まれる物質の量で、「mg」は、1,000分の1g。以下同じ。   
※ヤマメやイワナは1㎎/l(リットル)、サケやアユは3㎎/l(リットル)以下の水にすみ、汚染に強いコイやフナは5mg/l(リットル)でもすめるといわれています。

○ アンモニア性窒素

生物の死骸やし尿が分解する過程で発生する物質です。

畜産排水や生活排水などが流れ込むと、水中のアンモニアが増えます。

アンモニアは微生物や酸素の働きで、亜硝酸、硝酸と変化しますので、検出された場合は、調査地点の近くで汚染があったか、汚染して間もないことが推定できます。
※「性」は、「体」あるいは「態」と表現する場合もあります。以下同じ。   

※ 数値の目安
0.05㎎/l(リットル)     河川の上流水や湧水
0.1~0.4mg/l(リットル)  雨水
0.5~5mg/l(リットル)   河川の下流水
5㎎/l(リットル)以上   下水

○ 亜硝酸性窒素
アンモニアが水中で変化して、亜硝酸体窒素となります。

亜硝酸が検出されれば、近くに汚染源があることを意味します。

※ 数値の目安
0.0018~0.03mg/l(リットル)   河川の上流水
0.09mg/l(リットル)         河川の下流水

○ 硝酸性窒素
不安定な亜硝酸性窒素が変化して、安定した硝酸性窒素になります。

閉鎖性水域(湖沼や湾など)では、濃度が高いと藻やプランクトンの異常発生の原因になります。

※ 数値の目安
0.2~0.4mg/l(リットル) 雨水
0.2~1.0mg/l(リットル) 河川の上流水
2.0~6.0mg/l(リットル) 河川の下流水

○ リン酸性リン
生物の体が分解されるときに出るほか、生活排水や化学肥料などが流れ込むことでも増えます。

※ 数値の目安
0.05mg/l(リットル)以下 雨水、河川の上流水
0.1~1.0mg/l (リットル) 河川の下流水

(参考:だれでもできるパックテストで環境しらべ(合同出版))