調査結果をご覧いただく上での留意点



 この調査は、地域の皆さんから透視度計と簡易水質検査器材(パックテスト)を使って調査をしていただいたものです。水質については、調べる水の採水場所や時期、気象条件などによって変化しますので、この測定結果はあくまで傾向を知る目安と考えてください。
  

1、透視度計について

 透視度計は、メモリの付いた透明の管で、中に水を入れ、上からのぞきながら下に付いている栓を開き、少しずつ水を抜いていって底にある2重の十字線が見えたときの水の高さ(cm)を測ります。その高さが透視度になり、水が濁っているほど透視度は小さくなります。
 透視度は、透視度計さえあれば、どこでも、短時間に測定できるという利点がありますが、測定範囲が狭く、人によって誤差があるという短所があります。また、降雨等によっても測定値は大きく変化します。

(写真1:透視度測定のようす)



2、パックテストについて

 パックテストはポリエチレンのチューブでできていて、中に試薬が入っています。使い方は、 1.チューブ先端の栓を引き抜いて、調べたい水をスポイトのように吸い込む、2. 時間がたつと試薬が溶け、水の色が変化しますので、標準色と比べて、その濃度を判定する、というものです。このようにパックテストは、誰でも、簡単かつ安全に調査でき、結果もその場で得られるので、学校や社会教育の場でも教材として使われています。

 しかし、1.濃度の読み取りに個人差が生じる、2. 細かい数値が読み取れない、3.誤差を生じさせる妨害物質が多い、というような欠点も持っているため、公式の測定値としては認められていません。なお、この調査では、測定の精度を高めるために、同じ地点について同じ項目を3回測定し、その平均を算出しています。 


(写真2:パックテストと比色カード)