○○○第6回もがみがわ水環境発表会開催のお知らせ○○○
第6回もがみがわ水環境発表会のお知らせ

今年も”もがみがわ水環境発表会”が、11月7日(日)に開催されます。
この発表会は、気軽に参加できる雰囲気の中で、県内各地において水環境向上の活動をしている個人や団体、学校、研究機関を対象に、活動や研究の成果を発表していただくものです。また、相互の情報交換を行うことで、水環境に対する意識を強め、さらには県民全体の意識を高め、地域の水環境の向上に資することを目的としています。
今年度も昨年度に引き続き、「美しい水辺づくり功労賞」の表彰式も行います。
皆様、ぜひご参加ください!

○○○○○○○○○○○○○○○○○○ 基調講演要旨 ○○○○○○○○○○○○○○○
講師:佐藤五郎氏(米沢中央高等学校)
題目:「かわりものの最上川」
~最上川は流域面積(7.040平方キロメートル)で全国第9位、河川長(229キロメートル)で第7位の大河川である。その幹川流路は、河口からおよそ 50~80キロ付近で流れを北流から西方に急転するなど、特徴的な流域形状が見られる。さらに水質の面でも変則的な特徴があり、地形や県民の生活と深くかかわっている。このような他の河川とは異なる面に視点をあて、歴史的変遷も交えながら最上川を捉えてみる。
○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○  
☆☆当日のプログラムおよび参加申込は下記にて御確認ください☆☆ 

プログラム(改訂版).pdf
参加申込書.pdf