第8回「もがみがわ水環境発表会」
~ 開催報告 ~

平成24年11月11日(日)に山形県生涯学習センター「遊学館」にて開催された「第8回もがみがわ水環境発表会」では、県内の小学校・中学校・高等学校・大学・大学院・一般の21団体より、日ごろ行っている水環境向上への活動について、成果発表をしていただきました。約110名の皆様にご参加いただき、大盛会のうちに終了することができました。
参加された皆様にとって情報交換や交流の場となるとともに、最上川をはじめとする県内の河川や湖沼及び沿岸海域などを含めた、水環境に対する関心や認識を深めていただく絶好の機会となりました。発表をしていただいた中学生・高校生の皆様には、今後の活動や研究を発展していくためのヒントも提示され、継続した研究・活動になることが期待されました。
また、東北公益文科大学 大歳恒彦名誉教授より「地域の持続可能な発展と活性化に向けて-最上川と琵琶湖-」と題し、ご講演いただきました。山形県の母なる川「最上川」を中心とする市民参加の環境への取り組みは全県的な拡がりを持つ特徴があり、地域の発展や地域活性化への寄与が期待されているため、最上川同様、地域住人にとって大きな求心力を持つ滋賀県のマザーレイクである「琵琶湖」の事例を交え、今後の活動の展望についてお話をいただきました。講演後は活発な質疑応答、意見交換が行われました。




 口頭発表セッション会場の様子 口頭発表セッション質疑応答
 
第8回「もがみがわ水環境発表会」講演要旨集

◇講演要旨集
 表紙.pdf

◇発表会プログラム
 プログラム.pdf

1.表彰式「美しい水辺づくり功労賞」
 美しい水辺づくり功労賞.pdf

2.基調講演
 講師プロフィール.pdf
 講演要旨.pdf

3.研究・活動発表 口頭発表セッション
 K-2珪藻による河川の水質調査について.pdf
 K-3須川の川底はなぜ赤い.pdf
 K-4寒河江川の水質調査~9年間の推移~.pdf
 K-5霞城公園のお堀におけるアオコの正体と発生要因.pdf
 K-6本合海から庄内橋にかけての水質浄化作用を探る.pdf
 K-7美しいやまがたの海プラットフォームによる海岸漂着物対策とインターネットを活用した環境教育の試みについて.pdf
 K-8山形県の宝最上川の桜鱒フォーラム.pdf
 K-9GF型・KTG型浄化槽の現状と水質改善の検証.pdf

4.研究・活動発表 かべ新聞・ポスターセッション
 かべ新聞(水はどこから).pdf
 P-1耐酸性水生生物についての研究.pdf
 P-2最上川源流部における溶存金属種の挙動とpH緩衝能について.pdf
 P-3馬見ヶ崎川河床の礫種組成の検討.pdf
 P-4人工衛星画像による汚染源特定の試み.pdf
 P-5蔵王の樹氷についての新知見.pdf
 P-6月山の自然景観.pdf
 P-7金山町羽場地区を拠点とした河川美化等の取り組みについて.pdf
 P-8H23河川ゴミ発生源別実態調査結果(国土交通省県内3事務所合同発表).pdf
 P-9やまがた酸性雨ネットワークの活動紹介.pdf
 P-10山形県版清流指標を活用した水辺の健康診断.pdf
 P-11大山下池の水質浄化を目的とした底泥肥料化の可能性について .pdf




 ポスターセッション会場 基調講演

◇要旨集協賛

 1.協賛広告 東北建設協会.PDF
 2.協賛広告 山形県水質保全協会.pdf
 3.協賛広告 理研分析センター.pdf
 4.協賛広告 大岩環境技術士事務所.pdf
 5.協賛広告 山形県計量協会量証明部会.pdf
 6.協賛広告 山形県浄化槽工業協会.pdf
 7.協賛広告 山形県土地改良事業団体連合会.pdf
 8.協賛広告 山形県理化学分析センター.pdf

◇要旨集当フォーラム概要
 美しい山形・最上川フォーラム概要.pdf
 団体・法人・行政会員一覧.pdf
 

昨年度のもがみがわ水環境発表会開催報告