最上川フォーラム サイトトップページに戻る
 
山形の宝「最上川の文化的資産50選」写真コンテスト

 山形県では、先人から受け継いだ最上川と最上川流域の貴重な地域資源の中から、特に次の世代に伝えたいものを「最上川の文化的資産50選」として選定しております。この50選を地域づくりや観光交流の拡大につなげていくとともに、最上川の素晴らしさを県民の皆さんに再認識していただき、地域に対する愛着や誇りを育んでいく取組みを進めております。
 この「最上川の文化的資産50選」を広く知っていただくため、山形県教育委員会、美しい山形・最上川フォーラム主催の 山形の宝「最上川の文化的資産50選」写真コンテストを実施し、審査の結果、各賞の入賞作品が決定しました。

◆各賞
最優秀賞1点 優秀賞2点 奨励賞5点 佳作10点

◆審査員
阿部 直美 氏(山形県写真連盟会長)
村上 幸太郎 氏(山形県教育庁 教育次長)
柴田 洋雄 氏(美しい山形・最上川フォーラム 会長)

◆審査講評
 「最上川の文化的資産50選」をテーマにした写真コンテストには、県内外の写真愛好家62人から126点の応募がありました。応募作品は、生活に根ざした最上川や未来に残したい最上川の光景等最上川の宝物を捉えた写真がほとんどで、審査に苦労する写真コンテストでした。
 審査は、一次、二次と選考を経て入賞作品を決定いたしました。入賞された皆さんには心からお祝い申し上げます。応募者には、先人から受け継いだ最上川と最上川流域の貴重な地域資源を再認識し、それらを写真に表現していただきました。今後とも、最上川が山形県民に与えた資産を皆さんの豊かな感性で表現していただき、見る側に感動を与える写真を撮っていただくことを期待します。

山形県写真連盟 会長 阿部 直美


 
最優秀賞
「一番列車」

氏名:佐藤 正信 さん[白鷹町]
撮影した最上川文化的資産50選:最上川橋梁(荒砥鉄橋) 白鷹町

審査講評:朝霧の中、最上川に架かる荒砥鉄橋に向かう一番列車を捉えた写真です。朝霧に濡れ、白く輝いているエノコログサの群生が印象的です。朝霧の間から漏れる朝日、朝霧に濡れたエノコログサ、そしてシルエットのフラワー長井線の列車と鉄橋、非常に情緒的な綺麗な写真に仕上がっています。
 
【優秀賞】
「渇水」

氏名:樽石 良一 さん[村山市]
撮影した最上川文化的資産50選:
最上川三難所三ヶ瀬 村山市

【優秀賞】
「早春」

氏名:三浦 民雄 さん[酒田市]
撮影した最上川文化的資産50選:
古口舟番所(舟下り乗船場)最上峡舟下り 戸沢村
審査講評:最上川三難所の一つ、三ヶ瀬を捉えた写真です。特に渇水期に現れる岩礁とその間を進むカヌーの姿をバランスよく配置し、最上川の自然を生活の中に採りいれている現代人の姿も表現した素晴らしい写真です。三難所も今ではスポーツを楽しむスポットの一つになっています。 審査講評:雪の残る岸辺とゆったり流れる川面、そして屋形船、青く霞んで見える遠くの山並みが遠近感を感じさせ、まさに早春の最上川の風景を捉えた日本画のような写真です。数多くある最上川の流れと周辺の光景の中でも、とりわけ将来に残しておきたい最上川の一光景です。

【奨励賞】
「安全を見守る」

氏名:奥山 喜久雄 さん[新庄市]
撮影した最上川文化的資産50選:
角川合流点(古口)の眺め 戸沢村

【奨励賞】
「夕照」

氏名:佐藤 維宥 さん[山形市]
撮影した最上川文化的資産50選:
眺海の森からの眺め 酒田市
審査講評:昔から最上川の流れを利用した人やモノの交流がありましたが、時には水難に襲われ尊い人命が失われたこともありました。失われた人命を悔み、水行の安全を守る石佛は川岸に多く見られます。そのような“祈り”を表現した写真です。特に雨上がりの濁った最上川は印象的です。 審査講評:眺海の森から眺めた最上川の夕景を捉えた写真です。よく見る写真ですが、夕陽に赤く染まる最上川の雄大な流れを表現したとてもきれいな写真です。赤と黒の二色にシンプル化された色調も、最上川の雄大な流れを強調することになりました。

【奨励賞】
「漁ろう用具」
氏名:鈴木 一夫 さん[山形市]
撮影した最上川文化的資産50選:
最上峡 戸沢村

【奨励賞】
「黄金色に輝く」
氏名:長岡 京子 さん[朝日町]
撮影した最上川文化的資産50選:
玉の井の眺め 朝日町
審査講評:最上川で行われているヤツメウナギ漁に使う「どう」を捉えた写真です。木造の手漕ぎ船、笹船を使った漁は珍しくなりました。今から「どう」を乗せた笹船を使い漁に出るのでしょうか。最上川の豊かな自然を活用する人々の生活を捉えた写真です。 審査講評:月明かりに輝く最上川をスローシャッターで上手に撮影した写真です。まさにタイトルの通り水面が黄金色に輝いているように見えます。スローシャッターで撮ったため、水の流れが綿のようになり、月の光が水面にきれいに反射した技術的にも優れた写真です。

【奨励賞】
「コイのぼりと山桜の共演」
氏名:藤田 正治 さん[山形市]
撮影した最上川文化的資産50選:
道の駅白鷹ヤナ公園あゆ茶屋 白鷹町

 
審査講評:白鷹町の簗場を捉えた写真です。水の流れ、桜の濃いピンク色、遠くの山並み、遠近感のある素晴らしい写真です。惜しむらくは人の姿が見えない点です。簗場という最上川の水を生活に活用している点を主眼としている訳ですから人を入れたらさらに良かったのではと思います。  

【佳作】
「暮れゆく最上川」
氏名:加藤 多一郎 さん[鶴岡市]
撮影した最上川文化的資産50選:
眺海の森からの眺め 酒田市

【佳作】
「暮色」
氏名:川越 久 さん[山形市]
撮影した最上川文化的資産50選:
大淀の眺め 村山市

【佳作】
「總宮神社の祭りの日」
氏名:阪野 吉平 さん[川西町]
撮影した最上川文化的資産50選:
總宮神社 長井市

【佳作】
「赤滝晩秋」
氏名:佐藤 潔 さん[天童市]
撮影した最上川文化的資産50選:
赤滝・黒滝 米沢市

【佳作】
「静寂」
氏名:武谷 捷夫 さん[鶴岡市]
撮影した最上川文化的資産50選:
北楯大堰 庄内町

【佳作】
「紅花(衣食に使用)」
氏名:藤田 喜恵子 さん[山形市]
撮影した最上川文化的資産50選:
紅花

【佳作】
「母なる川展望」
氏名:舟山 栄吉 さん[山辺町]
撮影した最上川文化的資産50選:
玉ノ井の眺め 朝日町

【佳作】
「山居倉庫を彩る」
氏名:本間 次郎 さん[鶴岡市]
撮影した最上川文化的資産50選:
山居倉庫 酒田市

【佳作】
「黄昏の最上川」
氏名:宗片 良富 さん[山形市]
撮影した最上川文化的資産50選:
左沢楯山城跡(楯山公園) 大江町

【佳作】
「水面の輝き」
氏名:渡辺 哲志郎 さん[東根市]
撮影した最上川文化的資産50選:
本合海の渡船場跡 新庄市

*フォトアルバムで受賞作品をより大きくご覧いただけます。↓ ↓ ↓ (下の写真をクリック)
 
山形の宝写真コンテスト

最上川の文化的資産50選を開きます。
18枚
最上川の文化的資産50選

登録者:管理 | 2013/10/29

作品募集時の記事

山形の宝「最上川の文化的資産50選写真コンテスト」作品募集!

「最上川の文化的資産50選」を広く知っていただくため、みなさまが撮影された四季折々の
様々な「最上川」を募集します。
 この50選に足を運んでいただき、山形の宝である「最上川」を県民一人ひとりの宝物として
未来へつないでいきましょう。

テーマ 「最上川の文化的資産50選」
応募方法 応募用紙に必要事項を記入し、写真裏面に貼付の上ご応募ください。
応募サイズ 4ツ切(ワイドサイズは除きます。インクジェットによる作品の場合も同サイズとします。)
応募締切平成25年9月30日(月)当日消印有効
各賞 最優秀賞/1点 優秀賞/2点 奨励賞/5点程度 佳作/10点程度
※入賞作品については、平成25年10月中に決定、ホームページ上で発表します。
 入賞者には直接通知します。

※注意事項等、詳しくは募集要項をダウンロードしてご覧ください。
 募集要項・応募用紙はこちら↓↓
 
(この写真コンテストは山形県からの委託をうけ開催します。)

◇応募・問合せ先
美しい山形・最上川フォーラム事務局
〒990-0041 山形市緑町1-9-30 緑町会館
TEL 023-666-3737 FAX 023-666-3738
E-mail info@mogamigawa.gr.jp