最上川フォーラム サイトトップページに戻る
 
「美しい元気な山形づくり写真コンテスト
~次世代に繋ぐ川と人~」
受賞作品紹介

●「美しい元気な山形づくり写真コンテスト~次世代に繋ぐ川と人~」
 美しい山形・最上川フォーラムは、最上川をシンボルに次世代に誇れる「美しい・元気な山形づくり」に取り組んでおります。
 このたび「美しい元気な山形づくり写真コンテスト~次世代に繋ぐ川と人~」を実施し、審査の結果、各賞の入賞作品が以下のとおり決定しました。

●最優秀賞1点 優秀賞3点 奨励賞4点 佳作9点 高校生以下の部入選2点

●審査員
  阿部 直美 氏(山形県写真連盟会長)
  前川 孝子 氏(フリーアナウンサー)
  加藤 將展 氏(株式会社荘内銀行 理事)
  本間 義衛 氏(美しい山形・最上川フォーラム 最上川文化・経済活性化部会長)

審査講評
 「美しい元気な山形づくり写真コンテスト~次世代に繋ぐ川と人」をテーマにした写真コンテストには、県内外の写真愛好家と高校生84人(高校生5人)から206点(高校生7点)の応募がありました。応募作品は、山形の美しい川の景観、川での住民の営み、子供達が川と親しむ姿等次世代に繋ぐ川と人を捉えた素晴らしい写真がほとんどで、審査に苦労する写真コンテストでした。
 審査は、4人の審査員により一次、二次と選考を経て入賞作品を決定いたしました。入賞された皆さんには心からお祝い申し上げます。
 応募者の皆さんからは、川に係る山形の美しい自然をそれぞれの感性で撮影した写真を多く応募していただきました。今後とも、川と人々の姿を皆さんの豊かな感性で表現していただき、見る側に感動を与える写真を撮っていただくことを期待します。

山形県写真連盟 会長 阿部 直美
 
【最優秀賞】
題名:「暮れゆく川辺」
氏名:会田 彦夫 さん[山形市]
撮影場所:大江町楯山公園 最上川
審査講評
大江町の楯山公園から望む最上川を撮影したものですが、蛇行する川と人々の生活が表現された作品です。とりわけ、左沢駅に入線する為、減速する電車を画面下に入れたことで人々の生活が感じられる作品になりました。夕暮れ時の寂しげな雪景色が車内に明かりを灯した電車が温かさを醸し出しています。


 
【優秀賞】
題名:「満開」
氏名:稲村 忠助 さん[山辺町]
撮影した場所:大石田町 最上川
 【優秀賞】
題名:「きらきら羽越」
氏名:佐々木 吉治 さん[酒田市]
撮影した場所:鶴岡市赤川橋梁
審査講評:
大石田町の花火を最上川にかかる橋を下に入れて撮った作品です。この場所は、よく撮られる場所ですが、一斉に花開いたような花火がとてもきれいです。過ぎゆく夏を惜しむかのように沢山の花火が上がり、ご先祖様をお送りする風情が上手に表現された作品です。
 審査講評:
週末に酒田・新潟間を走るジョイフルトレイン“きらきらうえつ”を撮影したものです。ちょうど鶴岡市の赤川に架かる橋を渡っているところを雲が浮かぶ夏の青空と赤川の水面を入れて撮っています。“夏”の状景が広い青空と白い雲で表現されています。

【優秀賞】
題名:「悠久の流れ」
氏名:森 茂 さん[新庄市]
撮影した場所:新庄市本合海 八向楯
 
審査講評:
長時間露光で本合海・八向楯の岩肌と星の周回を撮った作品ですが、技術的に優れた写真です。夜空の星と最上川の緩やかな流れ、その水面に映る岩肌で構成された自然の雄大さと美しさを1枚の画面に表現したとても素晴らしい作品です。
  

 
【奨励賞】
題名:「厳寒の最上川」
氏名:小西 輝雄 さん[山形市]
撮影した場所:最上川と寒河江川の合流点の最上川上流
 
【奨励賞】
題名:「最上川暮色」
氏名:斎藤 和男 さん[酒田市]
撮影した場所:酒田市眺海の森

【奨励賞】
題名:「神輿洗い」
氏名:増川 満 さん[河北町]
撮影した場所:鶴岡市 鼠ヶ関川
 【奨励賞】
題名:「秋日和」
氏名:矢口 宏之 さん[村山市]
撮影した場所:村山市大淀 最上川


 
【佳作】
題名:「内川船下り」
氏名:太田 町子 さん[酒田市]
撮影した場所:鶴岡市 内川
 【佳作】
題名:「船下り夕照」
氏名:奥山 喜久雄 さん[新庄市]
撮影した場所:戸沢村陸羽西線高谷駅付近 最上川

【佳作】
題名:「灯篭流し」
氏名:黒坂 祐治 さん[鮭川村]
撮影した場所:鮭川村庭月 鮭川
 【佳作】
題名:「幸せ祈る」
氏名:佐竹 吉廣 さん[寒河江市]
撮影した場所:西川町間沢 寒河江川

【佳作】
題名:「笑顔満彩 川下り」
氏名:鈴木 貞治 さん[天童市]
撮影した場所:大江町藤田 最上川
 【佳作】
題名:「春風そよぐ」
氏名:髙橋 秀一 さん[新庄市]
撮影した場所:遊佐町中山河川公園 洗沢川

【佳作】
題名:「跳躍」
氏名:髙橋 康雄 さん[遊佐町]
撮影した場所:遊佐町 八ッ面川
 【佳作】
題名:「暮色の最上川」
氏名:布施 宗一 さん[山形市]
撮影した場所:村山市大淀

【佳作】
題名:「霧氷の流れ」
氏名:松木 勇紀 さん[南陽市]
撮影した場所:南陽市梨郷幸来橋 最上川
  

 
高校生以下の部
【入選】
題名:「自然の美」
氏名:遠藤 良幸 さん[米沢市]
撮影した場所:米沢市河川敷
 【入選】
題名:「山形の春」
氏名:岸 裕也 さん[山形市]
撮影した場所:山形市 馬見ヶ崎川
審査講評:
応募点数が5人、7点と少なかったのは残念なことです。水との触れ合い、次世代に残したい水辺といった趣旨でのコンテストですが、若い感性の写真を希望していました。
岸君の作品は、馬見ケ崎川の桜と雪解け水を撮影したもので山形市民の憩いの場にもなっている場所です。川の横切る石畳の上に乗って撮影しており、川の流れが上流の遠くの風景から写し込まれた作品です。逆光のため空が飛んでしまったのは残念です。
遠藤君の作品は、岸君と同じように逆光で捉えていますが、空に露出を合わせたことで岸辺の風景がシルエットになり、川の水の流れが光り輝いているように撮影され、美しい川の写真になりました。撮影者の撮影意図が表現された写真です。


(敬称略、五十音順)

↓ フォトアルバムでサイズの大きな写真をご覧いただけます。
 
美しい元気な山形づくり2015

美しい元気な山形づくり受賞作品を開きます。
19枚
美しい元気な山形づくり受賞作品

登録者:管理者 | 2014/12/25(0票)