最上川フォーラム サイトトップページに戻る
 


平成23年10月1日
美しい山形・最上川フォ-ラム
美しい多摩川フォーラム

 

東日本大震災復興支援プロジェクト 
『東北・夢の桜街道~桜の札所・八十八ヵ所巡り』運動について



◆◆◆◆◆◆ 『東北・夢の桜街道』による東北復興応援宣言 ◆◆◆◆◆◆

 「美しい山形・最上川フォーラム」と「美しい多摩川フォーラム」は、日本で最も愛されている美しい“桜”を東北復興のシンボルに掲げ、東北6県の桜の名所を『東北・夢の桜街道~桜の札所・八十八ヵ所』として選定し、多くの方に「東北への桜旅」をPRして東北に足を運んでいただく、観光振興による地域づくり運動を提唱しています。
 東北復興への願いを携えて「八十八ヵ所の桜の札所」を巡っていただき、「桜を愛する心で東北を愛する」ことにより、東北復興への支援の輪を全国に広げていくよう、皆様と共に力を合わせてまいります。
 そして、毎年春、地域を優しく彩る桜の花を観て、そんな想いを持ち続けていくことが、何より東北復興への力強い継続的な支援活動になると考えます。「誰もが愛する桜への想いは、地域への愛でもあり、ひいては美しい地域づくりに繋がり、人々の絆がより深まっていく」と信じます。

  咲く美しい東北にに行こう / 咲く美しい東北にに来てください


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


1.問題意識と東北復興支援の概要

 本年3月の東日本大震災により、東北地方は現在、未曾有の事態に陥っています。公民の広域連携・協働推進による“多摩”の地域づくり運動を展開している「美しい多摩川フォーラム」(会長・細野助博)では、“新しい公共”の役割を担う  全県的な地域づくり団体である「美しい山形・最上川フォーラム」(会長・柴田洋雄)に対し、更なる連携・協働を呼び掛け、東北地域の社会的、経済的なダメージを、今後、少しでも復興支援していきたいと考えております。その前提として、両フォーラムでは、人口減少時代の地域経済活性化の基本は「交流人口の増加」と考え、その方策として「観光振興」が最適と考えております。


 そこで、両フォーラムでは、日本で最も愛されている“桜”に着目し、来春の東北の桜の季節に照準を合わせ、東北観光推進機構、航空会社、鉄道会社、バス会社、旅行会社、東北各県観光関連団体、ホテル・旅館、出版社、全国の金融機関等(具体的には、全日空、日本航空、JR東日本、はとバス、JTB、旅館女将会、信金中央金庫、信用金庫、銀行、三栄書房等)と全国で連携・協働することにより、“多くの犠牲者の鎮魂と被災地の早期復興”に祈りを捧げて巡る『東北・夢の桜街道~桜の札所・八十八ヵ所巡り』運動を提唱・推進し、“向こう10年間継続的に実施”してまいります。特に、美しい多摩川フォーラムが実施している「多摩川夢の桜街道~桜の札所・八十八ヵ所巡り」の中核事業である、語り部・平野啓子氏の「語り」 公演(“美しき桜心の物語”)を、東北の地でも毎年行うこととし、初回の来春(4月 21日)は、福島県の「三春滝桜」にて開催します。また、現在、『東北・夢の桜街道』で連携している航空会社、鉄道会社、バス会社、旅行会社が、この運動の趣旨に則った『東北・夢の桜街道~桜の札所・八十八ヵ所巡り』の観光旅行商品の開発 を予定しているほか、出版社と共同で『東北・夢の桜街道~桜の札所・八十八ヵ所巡り』の公式ガイドブックを発刊する予定です。


2.東北6県の公民連携による地域づくり


 私たちは、過去に類例を見ない「全国規模の公民連携・協働」による『東北・夢の桜街道』運動を、東日本大震災復興支援のための「心のこもった観光事業」として、東北6県と連携・協働しながら、オールJAPANで広げていきたいと考えております。日本人の心に響く美しい“桜”への出会いをきっかけに、「東北の四季の美しさ」がさらに観光客の皆様の心に響くよう、「東北復興」に向けた一歩を踏み出してまいります。
 因みに、今回の「桜の札所・八十八ヵ所」の選定に当たっては、美しい山形・最上川フォーラムがホームページ上で桜の札所を公募し、マスコミ取材を受けたほか、東北各県の観光関連団体等に各県の「桜の札所」について、ご推薦またはご紹介をいただき、9月13日開催の両フォーラムによる合同審査会において「桜の札所・八十八ヵ所」が決定されました。

 来年春、『東北・夢の桜街道』の「桜の札所」に願い事を携えて巡る皆様お一人  おひとりが、これから先、どのような「桜の物語」を紡いでいかれるのか、東北復興への思いも新たに、桜の季節到来を待ちわびております。

【参考】 『東北・夢の桜街道プラン』の対外公表について

 「美しい山形・最上川フォーラム」と「美しい多摩川フォーラム」では、10月1日に山形と東京で『東北・夢の桜街道プラン』の概要と「桜の札所・八十八ヵ所」を公表。山形での公表に当たっては、山形県副知事の高橋節氏、美しい多摩川フォーラムのダニエル・カール副会長、美しい山形・最上川フォーラムの柴田洋雄会長が鼎談する「美しい山形・最上川フォーラム設立10周年記念事業」の中で、同フォーラムの設立に携わった宮坂不二生氏(当時、日本銀行山形事務所長、現在、 美しい多摩川フォーラム事務局長)が講演の中で発表。一方、東京では、 東京ビッグサイトで10月1日から2日に亘って開催された「JATA旅博」の東北観光推進機構のブースにて、美しい多摩川フォーラムの細野助博会長、平野啓子副会長(ビデオ出演)が発表。

以  上

  ◆◆東日本大震災復興支援プロジェクト~PRポスター&チラシ◆◆
   
 ※イメージをクリックすると、ポスターやチラシがダウンロードできます。(PDF)
 

お問合せ先

美しい多摩川フォーラム事務局

(青梅信用金庫地域貢献部内)

宮坂/土方/及川

TEL.0428-24-5632

FAX.0428-24-4650

E-mail: forum@tama-river.jp

〒198-8722東京都青梅市勝沼3-65